SE辞めるから不動産投資はじめました

本業のSEを辞めるべく、不動産投資をしてみた低属性サラリーマンの奮闘ブログです。

不動産を買うためには


f:id:k-yoshikawa39:20180704230455j:image

 

目次

 

はじめに

 私の経験をもとに記事を書きたいと思います。私はサラリーマンのシステムエンジニアをしていて年収は平凡な500万台ですが、不動産の物件買ったときは正社員ではなく契約社員でした。そんな私でも買えたので今検討されている方の参考になればと思います。

 

目標を決める

  本を読まれていく方は知っていると思いますが、目標設定をしないとどんな物件を買えばいいのかわからなくなります。よく何でもいいからいい物件を買いたいと言う方がいますがそういう人に限って不動産を買えずにモンモンとした日々を送っています。

 では、目標ってどんなのがあるかと言うと例を以下に記載します。

 

  1. 10年後には本職をやめるほどの収入がほしい
  2. 老後の資金として買いたい
  3. 子供たちの保険して買いたい
  4. 家計の税金対策で買いたい
  5. 本業しながら収入を増やしたい

 

 ざっと書いてみましたが色々な目標がありますね。目標は具体的であるといいんですがはじめはざっくりとした目標でいいと思います。この目標で自分の投資スタイルが決まるといっていいでしょう。

 

目標にもとづいた物件を探す

 先ほど説明した目標をもとに物件を選んでいきます。目標1なら不動産を買い増しする必要があるのでキャッシュフローがまわる且つ物件を担保にするので価値がないとダメです。なので都心の区分中古マンションなど収益制の低いものは選ぶ対象から外します。

目標2、3、4はゆっくり安定した稼働が重要なので目標1とは逆で空室リスクの低い都心の区分マンションを選択します。目標5は、さらに目標を具体的にする必要があると思いますがキャッシュフロー重視だと木造アパートなど高利回りの物件になります。

  

必要によっては自己資金を貯める

  自己資金がないとよほど属性がよくないと厳しいです。もし、貯金が全くない方は貯めましょう。年収400ほどなら頑張れば年150万ほどは貯金できると思いますし、結婚していてダブルインカムだったらもっと早く貯めることができます。目標は400万から500万程度でしょうか。浪費をしないで1年から3年くらい頑張って貯金を増やせば審査の時に通帳を見せたときプラス評価してもらえます。

 

イメージがついたら不動産屋へ

 さて、今までいろいろ言いましたが買わなきゃ意味がありません。なので、家族構成や年収や借金があるか、自己資金などを資料にまとめて不動産会社に行きましょう!もちろん、不動産投資家でもいいと思います。考えるだけだと先に進まないのでまずは行動することが大丈夫です。